自宅のお風呂で手軽に脱毛する

自宅のお風呂で手軽に脱毛する 自宅のお風呂場で手軽に脱毛する方法としては、いつくかあります。
ひとつは剃刀を使って剃ってしまうもので定番な方法ですが、剃刀は表面に露出している毛を剃るだけなので、またすぐに生えてきます。
ただ痛みもなくカミソリ負けしないようにアフターケアをしっかりすればもっとも手軽にできるものです。
一方でお風呂場でなければ行うのが難しいのが、脱毛クリームによる方法です。
これは毛を溶かす成分のクリームを塗ることで脱毛するというもので、毛を溶かすという性質上、仕上がりがよくまた生えてくる毛も剃刀で剃ったものと比べて、太くないといったメリットがあります。
このクリームによる方法では時間内に速やかにクリームを流す必要があるためお風呂場でないと行うことが難しいものです。
一方で、近年登場したものとしては脱毛器によるものです。
この方法は特殊な先端部が毛を掴むことで引っこ抜くという方法で、かなりの痛みが生じますが、このさいにボディーソープなどの泡を皮膚に付けることで抜けやすくするといったものがあり、そのためお風呂場で使えるものがあります。
毛抜きの要領で行いますが泡を使うことによって従来のものに比べて痛みが少なく手軽にムダ毛を処理することができます。

脇脱毛後にお風呂は入ってはダメ

脇脱毛後にお風呂は入ってはダメ 脇脱毛は女性であれば定期的に行う身だしなみの一つですが、この脇脱毛を行うには様々な方法があります。
例えば最も一般的な方法としてはカミソリを使った方法や、除毛クリームや脱毛クリームを使った方法、ワックスを使った方法、さらにはフラッシュやレーザーによって行う方法な様々です。
しかし、これらのどの方法であっても、処理後には肌が敏感になっていたり、表面の角質が薄くなっていたり、場合によっては肌が炎症を起こしている場合がありますので、処理後にお風呂に入ってはダメです。
処理後にお風呂に入ってしまうと、熱いお湯が敏感になっている肌を強く刺激してしまう為、肌トラブルを引き起こす可能性があります。
特にフラッシュやレーザーを使用した処理を行っている場合には、肌が軽く火傷をした状態になっていることが多いので、熱いお風呂はダメです。
ですので、処理後にお風呂に入るのではなく、お風呂に入った後に処理をして、その後は化粧水や乳液などで保湿を欠かさないようにしてください。
どうしてもお風呂に入りたい場合には、できるだけぬるめのお湯にして、洗う際にも刺激の弱い石鹼でタオルを使わず手で洗うようにすると肌にダメージを与えずに済みますので、そのようにして行ってください。